wizli利用規約

1. 利用規約の範囲
 ユーザーはwizli の利用に関して適用される、以下の利用規約を承認するものとします。この利用規約の他、wizli からリンクされた他サイト、利用する個別サービス の利用規約(本利用規約では網羅できない、個別サービス特有の規約)が存在する場合は、その利用規約に従ってください。

2. 禁止行為
 ユーザーにwizli を有益に楽しんでいただくため、wizli では以下の行為が禁止されています。

・ 法令に違反する行為、および違法な行為を勧誘または助長する行為。
・ いたずらにサーバーに負担をかける行為。
・ 他のユーザーのアクセスまたは操作を妨害する行為。
・ wizli の運営またはネットワーク・システムを妨害する行為。
・ 虚偽の情報を掲載、登録することで第三者になりすます行為、他のユーザーに許可を受けた場合であっても、ユーザー本人以外が登録情報を利用してwizliを利用する行為。
・ 他人の名誉、信用、プライバシー権、パブリシティ権、著作権、その他の権利を侵害する行為。
・ 他のユーザーに対する中傷、脅迫、いやがらせ、その他経済的もしくは精神的損害または不利益を与える行為。
・ 民族・人種・性別・年齢等による差別につながる表現の掲載。
・ 暴力的、グロテスクな画像・動画、死体・殺害現場等の画像・動画、その他一般の方が不快に感ずる画像・動画、イメージ、言葉、その他の表現の掲載。
・ 露出度の高いヌード画像・動画(モザイク、ぼかしを入れたもの、下着姿等も含む)、胸や臀部等のアップや性器が露出した画像・動画等、その他当社が卑猥と判断される表現の掲載。
・ 性行為や性器に該当する言葉、猥褻的な表現の掲載。
・ 児童買春・ポルノ、無修正ビデオ映像のダウンロードサイト等へのリンク掲載。
・ 自殺、自傷行為、薬物乱用等を美化・誘発・助長する恐れのある言葉、その他の表現の掲載。
・ 性交および猥褻な行為を目的とした出会い等を誘導する行為。
・ 選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為、および公職選挙法に抵触する行為。
・ MLM、マルチ商法、ネットワークビジネス、ネットワーキングビジネス、ネットワークマーケティング、ねずみ講、チェーンメール、リードメール、情報商材等に他人を勧誘する内容の情報の掲載、もしくは他人を勧誘することが主目的であると当社が判断する一切の行為。
・ 次に掲げる内容の情報を、wizli内の書き込み可能な箇所に投稿し、又はメッセージで送信する行為。
(1) 商業用の広告、宣伝を目的とする情報。ただしwizli公認のものを除く。
(2) アフィリエイトのリンクを含む情報。
(3) アダルトサイトに誘導する情報(単にリンクを張る行為を含む。)。
(4) その他当社が不適切と判断する情報。
・ 無差別にメッセージを送信し、無差別にマイウィズリの追加を依頼し、又は無差別にあしあとをつける行為。
・ 次に掲げる行為を行うこと。
(1) スパム投稿・スパムメッセージ 一人または複数のユーザーが、wizli内の書き込み可能な箇所に、同一または類似の文章を投稿し、またはメッセージで送信する行為。
(2) スパムワード 一人または複数のユーザーが、wizli内の書き込み可能な箇所に、当該箇所と無関係もしくは関連性の希薄な語句を複数羅列し、または著しく長い文章もしくは大量の語句を投稿する行為。
(3) スパムURL 一人または複数のユーザーが、wizli内の書き込み可能な箇所に、同一のURLを投稿し、またはメッセージで送信する行為。
(4) その他当社がスパムと判断する行為。
・ 日記やコミュニティなど、複数のユーザーが閲覧可能な場所での金融機関口座番号の記載。また、トラブルの原因となりますので電話番号の掲載もなるべくお控えください。
・ あらかじめ不特定者に転売する目的で購入した商品を高額で売買する行為。非営利の売買、交換等に関しては、禁止はしませんが他人同士の取引は危険ですのでお勧めできません。
・ 自分以外の人物を名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらず会社などの組織を名乗ったり、または他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽ったりする行為。故意過失に基づき誤認した場合も含みます。
・ 他のユーザーの個人情報を収集・蓄積する行為。
・ wizli 内のサービスに関わる記載について、無断でそのコピー、複製、アップロード、掲示、伝送、配布等をする行為。
・ 一人のユーザーが複数のアカウントを持つ行為。
・ 同じアカウントを複数人で利用する行為。
・ 掲示板等でまったく面識のない方を無差別に招待する行為。
・ 違反行為により削除されたユーザーを招待する行為。
・ オークションサイト等で招待状を売買する行為。
・ その他公序良俗、一般常識に反する行為。
・ その他当社が不適切と判断する行為。

 以上の行為が確認された場合、状況を判断した上で掲載情報の変更、登録削除を含めたしかるべき処置をとります。規約違反に関する連絡は登録メールアドレス宛に送信させていただきます。ユーザーのご事情により運営事務局からのメールを確認できなかった場合も、規約に則った対応をさせていただきますので予めご了承ください。また、違反行為により削除されたユーザーに関連するユーザー(削除されたユーザーを招待したユーザー、削除されたユーザーに招待されたユーザー、削除されたユーザーと同じ企業に属するユーザー等)に関しましても、状況を判断した上で警告、登録削除の対象とさせていただくことがございます。なお、削除結果に関する質問・苦情は一切受け付けておりません。
 判断の難しいケースに関しては、複数のスタッフにより運営基準と照らし合わせてその都度判断させていただきます。その場合、ユーザーから寄せられる通報に対して迅速な対応ができない場合がございます。


3.ユーザーの皆様からの情報について
以下のいずれかにあてはまる場合には、当社はユーザーが登録した情報、利用履歴、メールの内容などの確認を行い、場合によってはこれらの情報を第三者に開示することがあります。

・ 裁判所、警察、その他の司法もしくは行政機関、またはこれらに準ずる者から適法に照会があった場合。
・ 事業売却などによりサービスの主体が変更され、サービスの継続のために個人情報を移管する必要がある場合など、wizli維持のために必要不可欠な場合。
・ 法令または当社が定める規約に違反し、その他社会通念上問題があると判断された場合。
・ 当社、他のユーザー、またはその他の第三者の権利、または利益を保護するため必要な場合。


4.免責事項
1 wizli では、基本的にユーザー同士の通信や活動に関与しません。万一ユーザー同士の衝突があった場合も、悪質行為と判断される場合を除き、それは当事者同士で解決するものとし、当社ではその責任を負わないものとします。
2 ユーザーは、wizli での自らの行為において責任を負います。投稿等が法令違反や著作権等の権利侵害にあたる場合には、損害賠償などの民事責任の他、刑事責任を問われることがあります。
法律またはユーザー利用規約の条項のいずれかにユーザーが従わない場合には、そのユーザーが当社に対して有するすべての権利を放棄したとみなし、訴訟その他の手続きから当社を免除し、放任するものとします。
3 プロフィール、日記などでの画像の掲載はユーザーご自身の責任でおこなっていただきます。具体的には、著作権、肖像権など法令上の義務に従っているか、またデータの保存、複製利用などの可能性についてもご自身の責任でおこなっていただくことになります。
4 当社は、wizli のサービスをいつでも任意の理由で中断することができます。当社は、wizli 利用、または利用ができないことによって引き起こされた(直接的、間接的を問わず)損害について、一切責任を負いません。


5.皆様の同意、法的手続き
1 ユーザーは、wizli を利用することにより、この利用規約すべての記載内容について、同意されたものとみなされます。またこの利用規約は当社の判断で任意に変更されます。将来引き続きご利用になる場合は、その時点での内容に同意されているとみなされます。
2 この利用規約の準拠法は日本法とします。また、wizli またはこの規約に関連して当社と皆様の間で生じた紛争については東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。

制定日 平成19年3月27日
改定日 平成21年6月24日